【緊張型頭痛の方へ】

【メニュー】

プロフィール / 料金 / 予約状況 予約・問い合わせ / お客様の声  

緊張型頭痛とは


頭痛にはいくつか種類があります。

大きく分けて【緊張型頭痛】【偏頭痛(片頭痛)】【群発型頭痛】

それぞれ原因が異なるので当然、治療法も変わってきます


   737d3b886ffabdc23c45c0bcf714f415_s.jpg   



それがパソコンなどの前のめりの姿勢や、眼精疲労、精神的ストレスなどで

一般的に多いのが『緊張型頭痛』といわれる状態です


頭痛=偏頭痛(片頭痛)

という勘違いが多いですが

 

実は【緊張型頭痛】という人が多いんです。



私自身もストレートネックから来る緊張型頭痛で悩まさていました

朝起きると後頭が痛い、仕事終わりの夕方になると頭痛がする

そんな状態で薬に頼る毎日でした(今は改善しています)



緊張型頭痛は原因がはっきりしていて、正しいアプローチさえすれば

比較的早く症状は改善していきます。

 

 

 

緊張型頭痛はこんな症状


一般的に下記のような症状が「緊張型頭痛症状」といわれます

緊張型頭痛症状.png





 

緊張型頭痛はどうして起きる?



緊張型頭痛は「後頭下筋群」と呼ばれる後頭部の小さな筋肉が

「大後頭神経」を圧迫することで生じます



12-crop-1.png


大後頭神経は後頭部から頭頂部にかけて伸びている神経です。

緊張型頭痛の症状はこの神経に沿って生じるので

「後頭部から頭痛がスタートして、頭のてっぺんに移動していく」

という方がほとんどです。

 

そして「大後頭神経」を圧迫しているのが後頭下筋群という小さな筋肉です。

大後頭神経はこの小さな筋肉を突き抜けて走っています


後頭下筋群 名前入り.png

 

大後頭神経 圧迫.png




これはとても大切なことです

だからピンポイントでアプローチしていく必要があるんです


正しい知識で症状改善


 間違い アプローチ.png

緊張型頭痛 診断.png



あなたはこんな流れで対処療法として「緊張型頭痛」の治療をしていませんか?

・筋肉を柔らかくする薬&痛み止め

・牽引治療

・電気治療

そして、「効果がない」「これでは治る気がしない」と感じたはずです。

 

 

 

 頭痛で病院に行くと、MRIやレントゲンを撮影し、 

脳や神経・血管の状態見て診断が下りますが、

画像上では「筋肉の状態」は見ることはできません。

 

ここまでを読んだあなたなら、

「もしも筋肉に原因があった場合、治療が変わってしまう」

ことは、容易に想像できると思います。

 
痛みの発生.png

緊張型頭痛の症状は「筋肉」に問題があるんです。

(残りの2割は神経や骨・関節の問題なのでレントゲンで確認でき診断と治療がなされます。)




だから対処療法でいつまでたっても症状が改善しない時は

首の筋肉(後頭下筋群)への正しいアプローチが必要になります 

そして 

後頭下筋群か硬くなる原因の背骨全体(姿勢)へのアプローチ




頭痛正しいアプローチ.png

首と背骨 2.png

 

ホームページをご覧頂いた方の特典

期間限定
7月 第2弾 初見料無料.png
※施術料の8000円のみお支払い頂きます

先着10名様限定です。
ご予約時に「ホームページを見た」とお伝えください。

 

>>料金・メニュー

>>ご予約・お問い合わせ

 

 

電話タブ.jpg

 

肩こり腰痛が治った.jpg